「日本の食文化から生まれた?ラーメン?」

ラーメンは、今から100年ほど前に中国から日本に入ってきました。

しかし、現在の中国のラーメンと、日本のラーメンは全くの別物です。

昨今、ラーメンは日本特有の文化として進化してきました。。

中国のラーメンは、河南拉面、蘭州拉面があります。

中国のラーメンを食べた日本人は、大きなそうめんに薄いスープを入れているだけという感想を持つ人が多いようです。

これは、麺にコシがないからでしょう。

また、スープにコクがないからだと思います。

さらに、中国のラーメンと、日本のラーメンには大きな違いがあるようです。

一番大きな違いは、ラーメンの何が主となるかです。

日本のラーメンは、一番はスープで、次に麺、最後に具です。

中国のラーメンは、一番に具で、次に、麺、最後に、スープなのです。

また、日本のラーメンはスープの違いが、ラーメンの名前になっています。

一方、中国のラーメンは、具がラーメンの名前になっているのです。

これは、日本の「うどん」と同じ考え方なんですね。

二つ目は、麺の作り方です。

中国麺は、手延べ麺が中心ですので、コシが少ないです。

そして、延ばすために油を使います。

そのため、日本のそうめんのようです。

三つ目は、かん水の使い方です。

中国のラーメンは、具に特徴を出すため、鶏ガラスープのあっさり味が中心です。

一方、日本のラーメンは、スープに合わせるため、麺の「コシ」を重視しています。

おまけに、スープと麺がうまくマッチしているのです。

このように、もはや日本ラーメンは、日本独自の食文化といえるでしょう。

return top